ผู้เขียน หัวข้อ: Clase de WikiFX:Resumen de líneas  (อ่าน 56 ครั้ง)

upamfva

  • Jr. Member
  • **
  • กระทู้: 68
    • ดูรายละเอียด
Clase de WikiFX:Resumen de líneas
« เมื่อ: มิถุนายน 09, 2021, 04:07:15 PM »
Facebookが提供する仮想通貨「Diem」 今年にトライアル開始


  アメリカのFacebookによって開発されたブロックチェーンベースの仮想通貨Diem(ディエム)。2020年にLibra(リブラ)という名称で発行予定であると発表されていましたが、2020年12月1日に現在の名称Diemに改名されており2021年末にトライアルが開始するとの報告がありました。To get more news about 仮想通貨, you can visit wikifx.com official website.
シャウロフCEOによると、ディエムでは返金も可能で、小売業者や給与などの支払いのために、法定通貨に簡単に戻すことができる。また、将来に向けて、「Move」と名づけられたスマートコントラクト言語も含まれ、許可型のDeFi(分散型金融)などで活用できるという。
【WikiFX】.jpg
  シャウロフCEOは、実現までに時間がかかり、プロジェクトの目標が限定的になったことで批判を集めているにもかかわらず、ディエムは依然として暗号資産を主流にするための重要なプロジェクトになると考えている。
【WikiFX】.jpg
  「ペイパルが3億5000万のユーザーにビットコインを提供することで、ビットコインに与えている影響を考えてみてほしい。フェイスブックには25億人のユーザーがいる。そして、正しいユーザー·エクスペリエンス(UX)を提供する方法や、物事をシンプルにする方法、ユーザーを巻き込む方法を熟知している」とシャウロフCEOは述べた。
日本時間本日のプレスリリースにより、事業全体がスイスからアメリカへ移行し、既に仮想通貨関連のビジネスに特化したシルバーゲート銀行と協定を結び、「ディエムUSD(Diem USD)」公式発行者となります。
【WikiFX】.jpg
  シルバーゲートの最高経営責任者であるアラン・レーン(Alan Lane)により、Diemのテクノロジーと、安全な支払いシステムを構築するという目標に共感し、この製品を自信を持って見せることができるプロセスにいることに楽しみにしています。
【WikiFX】.jpg
  拠点をスイスから移転するため、スイス金融市場監督局(FINMA)へのライセンス申請を取り下げるとしている。